肌は内臓の鏡

 

「肌は内臓の鏡」

東洋医学で、言われる言葉です。

 

そうあなたが鏡で見ているのは、あなたの内臓の状態。

今、無料で体質診断プチカウンセリングをしているのですが、結構出てきます。お肌の悩み。

東洋医学では肌は内臓の鏡と言って、体の内側の状態が皮膚に出たものと考えます。

水分代謝が悪くて、体に余計な水分が溜まると、ジュクジュクした湿疹。(これからの季節要注意)赤かったり、かゆみがあると、体の中の熱。
紫っぽいニキビや、シミは血液の巡りが悪い、などなど。
また、体の中に溜まった毒の、毒出しの場合もありますね。

湿疹、アトピー、ひび割れ、カサカサ、かゆい、痛い、などなど色々ありますが、

体の中の「気血水」のバランスが悪かったり、巡りが悪い。

と言えます。

気血水の元になるのは食事です。

でも、肝心なお腹が弱い、汚れている、状態だと、キレイな「気血水」が作れなかったり、代謝が悪くなったりするのです。

お腹をキレイにして、整えて、毒だしをしたら随分変わるはずですよ!!

原因があるから、結果がある。

原因から変えましょう♪

関連記事

  1. インフル予防に板藍茶♪

  2. そのシンクロ、本当に必要ですか??

  3. 自分軸♪

  4. 免疫めし その3

  5. 「地産地消」が薬膳的にもよい理由

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。