インフル予防に板藍茶♪

 

板藍茶のお話をしたら、みなさん興味深々だったのでご紹介します^^
インフルエンザ、大人にも子供にも猛威をふるっていますね。

この季節、我が家では常備しています、「板藍茶」です。
これのおかげで中国では学級閉鎖がないんだとか。
名前から想像できるかもしれません。藍染の藍の原料の根っこです。

この板藍茶、抗ウィルス作用があり、インフルや風邪の予防に良いとされています。
AだのBだのも関係ありません。
飴タイプもありますが、私は飴よりこっちの方が好きです。

お湯に溶かして飲めて、味も結構好き。
私は人混み多いところに出た日や、喉があれっ?って違和感を感じたら、家に帰ってからすぐ飲んでいます。
飲み方は、くちゅくちゅガラガラ、うがい飲み。根こそぎやっつけてもらう感じ。

人混みの多いところに出ることが多い方は、飴を持ち歩いてちょくちょく舐めてもいいですね。

そしてこのお茶の素晴らしいところは、かかってから飲むのでも、症状を軽くしてくれるということです。

ただし、私はおかげさまで風邪にもインフルエンザにもかからないので、実証はしていません。
この前旦那で人体実験すればよかった〜。(今年の購入は旦那の風邪の後でした。)

そして、お年寄りや子供、妊婦さんどなたでも服用できるそうです。(詳しくは薬局で聞いてくださいね)。予防接種受けられない方は良いですよね。

効能は熱を鎮めたり、炎症を抑える効果があります。
熱感のある風邪や、喉が痛いものにオススメ。
抗ウィルス作用があるので、帯状疱疹や、化膿ニキビ、細菌性の下痢、ウィルス性の膀胱炎にも効果があるそうです。

お値段は一包70円程度。ペットボトルのお茶や晩酌のビールに比べたら安いかな、って思います。
それに風邪ひいて寝込んだ時のダメージは色々おっきいですよね。
漢方薬局で販売されているので、ご興味ある方は問い合わせてみてください。
送ってくれる所も多いと思います。

板藍茶を扱っているイスクラさんの薬局紹介ページに飛びます。

http://chuiyaku.or.jp/shoplist

関連記事

  1. 薬茶ワークショップ@茅ヶ崎

  2. 肌は内臓の鏡

  3. 油についてしっかり学ぼう〜体が喜ぶ油の選び方〜

  4. 共倒れにならないための薬茶

  5. マインドフルネス瞑想 初体験♪

  6. 春の体

  7. スーパームーン大浄化特別企画♪ ‘デトックス薬膳&宇宙と繋が…

  8. リトリートって?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。